【夢中で働くっていいよね!】

【経営の神様】といわれたドラッカーの言葉で、刺さった言葉があります。
「ワクワクしながら、意気込みを持ってやるような仕事でなければ、お客に対して失礼だ。」

今はまだ僕の作品の価値は低く、ユーザーの皆様が体験している釣行の価値を上げる影響力もありません。

しかし、「ワクワクしながら無我夢中で作品を作る」、ここに関しては誰にも負けていません。

皆様の体験の価値を上げるために、常に夢中になれるようにこつこつと学び、行動し、挑戦し続けます。

そして結果にコミットしていきます。

上記のドラッカーの言葉ですが、続きがあります。

「好きなことをすることが、貢献、自己実現、成功につながると考えた者のうち、実際にそれらのものにつなげた者はほとんどいなかった。」

「やりたいことを諦め、やらなければならないことをやった人が成果を上げている。」

「なすべきことをなす。」

ここはドラッカーの真骨頂で、深いところ。

最初に記した言葉は、やりたいこと、好きな事をやるべきだと言っているわけではなく、「ワクワクしながら無我夢中でことをなす。」 です!

以前、YouTubeのCMで「好きなことで生きていく」という文句がありましたが、僕的には「夢中になれることで生きていく」という方がしっくりきます。

この「夢中になれることを見つける」ことが最も大事。
もっと踏み込むと、目の前にあることを無我夢中でやるにはどうすれば良いか考えることが自己実現の近道だと確信しています。

ここからは僕の体験。

自分でいうのもなんですが、僕は頑張り屋です。
嫌なことでも我慢しながらやるタイプ、そして負けず嫌い、そのわりに気が小さくて他人の言葉に無茶苦茶左右される弱い人間です。

気が小さいわりに頑張り屋なもんですから、自分のやっていることを認めてもらいたくて仕方ない、出ている結果はどうでもよくて、とにかく承認されたい! 
頑張っていることを評価するのが当たり前じゃないか!

20代はこんな想いが強かったように思います、頑張っているのに認められない事への苛立ち。

この時、自分を肯定する唯一の方法は、他人を否定することしかありませんでした。

当時一事業所を任される立場にいましたが、当然結果が出るわけもなく誰もついてきません、お客からの評価も最悪でした・・・結果その事業所を失います。

その後責任者という立場ではなく一社員という立場で別の事業所に配属されます、ここで大きな転機がありました。

そこは大きな事業所だったのですが運営が芳しくありません、利益は低く、お客の評価もよくありません、責任者は投げ気味で旗を振りません。 最悪です、心底恰好悪いなと思いましたが、すぐに自分と重なります・・・恥ずかしい・・・

この時チームのメンバーは旗を振ってくれる強いリーダーを求めていました。  
そこにリーダー経験者で皆が失敗した経緯を知らない僕に注目し始めます、この時の感情はいまだにはっきりと覚えています。

「こんな恥ずかしい男になりたくない、変わりたい。」

ここからは必死でした、寝る時間以外頭の中は仕事のことばかり。

ここらへんで仕事に対する想いが変わりはじめます。

結果に迫られ、必死で無我夢中になっていた仕事は楽しくて仕方なかった。
とにかくメンバー、お客の言葉に耳を傾け、かみ砕き、あれやこれやと実験を繰り返します。

プライベートでは、会社の仲間、お客以外の人間と関わるのは時間の無駄だと思っていたくらいww。

結果、担当していた事業所の利益は4倍になったんです。

夢中になるってポジティブしか生みません。

・夢中になれることには覚悟が持てる。

・覚悟を持つと全てのことが自分事になる。

・自分事になると、他人のせいにする必要がなくなり、自分軸で事を進められる。

・自分軸に物事を進め始めると、チームメンバー、上司、会社組織、お客をどうすれば巻き込めるか考えるようになる。

・巻き込む方法を考えるようになると、相手を承認する癖が付き、長所をピックアップできるようになる。

・承認して、長所を伝えた相手はかなりの確率で協力者になってくれる、少なくても敵にはならない。

・協力者が多く、敵がいないチーム、振った旗をみんなが見るチームは結果がすぐに出る。

これは多くの人が理解できることだと思いますが、実現するとなると話が変わってきます。

そこでこのポジティブルーティーンから外れないために一つ秘策を見つけました。

これは今年起業して、たくさんの起業家の方と関わらせていただいて気が付いた事ですが。
楽しそうに仕事している人、ポジティブシンキングが身についている方々は、相手の話を聞く時に必ず肯定から入ります。

「なるほど!」「いいね!」「面白そう!」
必ず肯定から入って「でもこれはどうなる?」という感じでその後で自分の意見を話始めるんです。
皆が耳傾けてくれます。

まずは【相手を承認する】ことです。

逆に否定から入る、「ダメ!」「無理!」「嫌だ!」こんな言葉から入ると相手は心を閉ざします、または否定でかえってきてかなりの確率で敵になります。

秘策とは、相手と話す時に【必ず肯定から入る】です。

「なるほど!」「いいね!」「面白そう!」を口癖にしてみてください。

必ず結果が変わります、味方が増えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP