狼煙50S開発秘話。

「アングラーが思わず手にとってしまう容姿」とはどんな形だろう・・・そんなことを考えながらバルサを削るところから始まった。

・・・体高があってプリッとして、綺麗で愛らしく・・・だけど恰好良いと思われるような・・・

イメージを膨らませながらバルサを削る、削る、削る、名前を考えながら・・・そしてようやく形が決まった日にラーメンを食べに行きました。

そのラーメン屋の名は・・・【狼煙】

お気づきでしょうか、ここまで魚を釣ることは全く考えていないということを・・・

しかし名前が決まってからは早かった。

狼煙の意味を「釣りが始まる合図」とするならば。

・パイロットルアーとして使いやすウエイトで。 

・初めてのフィールドでロストを気にせず使えるフォールスピードで。 

・体高を生かし大きくハイアピールできる平打ち。

そして出来上がったサンプルを川に持ち込んだところ納得できる釣果が得られました。

テスターからもよい釣果報告をもらい、2018年の地元のイベントでデビュー。

これがなかなかの高評価をいただきました。

ただいま地元を中心に狼煙ジャンキー増殖中。

PS。

他ビルダーの方々が作るルアーのようなカッコいい物語はありません、しかしオーナー様に愛していただける自信はあります。

狼煙とともに素晴らしい物語を作ってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP